MENU

借金返済は35日ごとの返済日を上手に活用

カードローンの借金の返済は約定返済日に約定返済額をお支払するのが基本です。
約定返済日は1日から30日31日まで自由に設定できる場合、いくつかの日にちから都合の良い約定返済日を選べる場合があります。

 

約定返済額は残高スライドリボルビング返済方式で決まるのが一般的です。
この返済方式では借入残高に応じて毎月の返済額が上下します。
追加で借入して借入残高が増えると毎月の返済額が増えますので、追加借入する際はあまり無理のない範囲までに抑えたほうが良いです。

 

カードローンによっては35日ごとと言う返済日をご用意している場合があります。

 

この返済日は返済した翌日から35日の間ならいつでも返済して良いと言うのが一番の特徴です。
この仕組みを上手に活用すると利息の支払分が減ってお得です。

 

その活用方法とは35日後の返済日を待たずに返済することを繰り返すと言うものです。
一般的な約定返済日では一定以上前の日にちに返済すると追加返済扱いになり次回の返済日はそのまま変わらないのですが、35日ごとなら返済するたびに次回の返済日が35日後にやって来ます。
一般的な約定返済日より積極的に返済を繰り返すのが容易と言うメリットがあるのです。
カードローンの利息は日割計算が基本なのでご利用した日数分のみに利息が付きます。
返済期間が短くなれば当然利息のお支払分も少なくなります。

 

35日ごとの返済日のデメリット

それは35日ごとできちんと返済していると一般的な約定返済日よりトータルの返済総額が増えやすいと言う点です。
面倒だからとそのまま35日ごとで返済していると損をしてしまいますので注意して下さい。

 

さらに毎月の返済日が一定しないので忘れやすいと言うデメリットもあります。
もし忘れたまま放置すると返済が確認できないと電話連絡が来たり遅延損害金を請求されかねないです。
カードローンによってはメールで返済日をお知らせするサービスを提供しているのでご利用されると返済日を忘れにくいです。


このページの先頭へ