MENU

事前の返済計画は甘く考えては駄目

お馴染みのカードローンやキャッシングをはじめとして、比較的高額な借り入れとなる住宅ローンやマイカーローンなど、
人生には様々な借金があります。その借金は、人生をより豊かにするために活用するものです。
ですから、決して毛嫌いしたり遠ざけたり、敬遠するようなものではありません。

 

とは言え、返済のことを考えると軽い気持ちで借りまくるようなことなどは断じてできないことは間違いありません。
どんな借金でも返済のことを考えて借りなければなりませんし、
返す当てのある借金しかしてはならないのです。

 

そんな借金返済で最も大切なことが、事前の返済計画であることは誰もが知っていることです。
しかし、それは頭で分かっているだけでは駄目です。そうではなく、心の底から正しく理解していなければなりません。
そうでないと、見通しの甘い形式的な返済計画になってしまうのです。

 

実際、世の中の多くの人々が借金返済に苦しんでいます。なぜ苦しむのかというと、
結局、事前の返済計画が甘かったからに他なりません。そのことを正しく理解してこそ、余裕のある返済計画を立てることができます。

 

そして計画に余裕さえあれば、突然の出費が嵩んでしまうような時にも対応できるのです。
まずは自分の返済能力を正確に把握して、毎月の返済金額を決定します。
その際、あくまでも無理のない金額にしなければなりません。
「毎月、3万円くらいなら何とか出せそうだ」というような曖昧な決定ではいけません。
「何とか出せそうな金額」というのは、「突然の冠婚葬祭などがあった場合は出せなくなる金額」ということです。

 

ですから、余裕を持って1万円から2万円くらいに決定しておくのが無難なのです。
そして、その余裕のある返済金額を元にして、具体的な借金の計画を立てるのです。

 

また、余裕のある返済計画の利点として、繰り上げ返済できる可能性が高まることが挙げられます。
この繰り上げ返済の活用こそが、借金返済をスムーズに進めてゆくための大切なコツの一つなのです。
もしも本当にお金に余裕ができれば、一部繰り上げ返済だけではなくて全額繰り上げ返済も可能になります。
こうした繰り上げ返済の活用のためにも、事前の返済計画は余裕を持って立てなければならないのです。


このページの先頭へ