MENU

借金返済のポイントは回数と期間

ごく少額の借金ならいざ知らず、ある程度の金額になってくるとやはり一括返済を行うことはとても困難になってきます。そこで多くの場合は分割返済という形を取り、元本とそれに対する利息を少しずつ金融機関に返済しているのです。

 

借金を分割返済する際、重要なのは返済回数と返済期間です。カードローン等の商品を利用して借金をした場合、一般的にリボルビング形式の返済が行われることになります。借りた金額によって毎月一定の金額を返済し、元本と利息分を加味して返済期間が算出されるのです。

 

毎月の返済額は金融機関によって段階的に定められているケースが多く、利用者が自由に設定できなくなっている金融機関は少なくありません。その為、返済回数や返済期間もまた、利用者の任意で決めるのは難しいと言わざるを得ないでしょう。

 

しかし、臨時返済を利用することで返済回数を減らし、返済期間も短縮することが可能になります。
分割返済の場合、基本的な毎月の返済を定例返済と呼びます。これに加え、定例返済以外のタイミングで利用者が用意した返済資金を使って返済を行うのを臨時返済と言います。臨時返済に関する規定は金融機関によって異なりますが、一定以上の金額になれば利用者の申し出によって臨時返済が行える仕組みになっている場合が多いです。

 

臨時返済を行うと、定例返済だけで返済を続けた場合に比べると効率的な速度で借金の元本を減らすことが可能です。元本が減ればその分返済回数が少なくなり、返済期間の短縮にも繋がります。返済回数が多くなると金融機関に対して支払うべき利息額も大きくなってしまうので、臨時返済を行うことで返済総額を減らす効果も期待できます。

 

臨時返済を上手に活用して借金返済を進めていく為には、余裕のある返済計画が不可欠です。毎月無理のない範囲で定例返済を行っていけば、少しずつ生活の余剰金を蓄えていくことも不可能ではありません。
余剰金が溜まったら臨時返済ができるように、金融機関からお金を借りる際には、きちんと返済シミュレーションを利用して余裕のある返済計画を立てておくようにしましょう。


このページの先頭へ